高血圧症

今現在日本で高血圧症の患者数をご存知ですか?


実は4000万人!!


高血圧と並び糖尿病もよく耳にすると思いますが糖尿病患者は約1370万人ですから2倍以上の数になります。


4000万人の内約半数は治療をしておらず(自覚症状が無いというのもありますが)


残りの半分の半分、つまり全体数の1/4は血圧のコントロールが難しく、きちんと血圧のコントロールが出来て


いるのは残りの1/4、1000万人ということになります。




高血圧だと何が危険なのでしょうか?



高血圧症ということに気付かずそのままにしておくと動脈硬化(字の如く全身の動脈が硬くなり血液の循環が悪くなります)を促します。


この動脈硬化によって心疾患、狭心症、脳出血、脳梗塞、腎臓病その他さまざまな合併症を引き起こしてしまいます。



高血圧症の自覚症状は一般的に無く気を付けていれば頭痛、頭重感、めまい、耳鳴りなどがありますが血圧の病気特有の症状ではありませんのでやはり分かりにくいです。



高血圧症も生活習慣病の一つですので普段から注意することで予防できます。



想像通り

・運動
・塩分を控える

事が重要で日常的に血圧を測り自分の血圧を知っておくことも大変重要です。



そんな事は分かっているけど実際に何をすれば良いか分からず何もしないままにしていませんか。


運動はまとめて行うよりこまめに動く、(階段を利用する、家事を増やすでもOK)



「醤油」や「お塩」を「ポン酢」やショウガなどの薬味を利用する、などですが、男性の方は


なかなか自己管理が難しいので奥様に協力してもらいましょう。


旦那様が気を付けている、と分かれば奥様も嬉しいと思いますよ



さて、血圧値についてですが、


最適な血圧は
120㎜hg/80mmhg未満

正常血圧
130mmhg/85mmhg未満

高値正常
140mmhg/90mmhg未満

軽症高血圧
160mmhg/100mmhg未満

中等症高血圧
180mmhg/110mmhg未満

重症高血圧
180mmhg /110mmhg以上

となっています。


保健センターや病院でも計測できますので定期的に足を運び(これも運動になるし一石二鳥!)
自己管理をしておくと良いですね


高血圧と歯科にも深い関わるんですよ

お薬の副作用により歯肉に影響があったり、歯科治療する際に麻酔や抜歯をする時にも注意が必要です。


糖尿病と同じく予防で防げる高血圧症。


日常の生活を見直し、予防できることから始めましょう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柳田歯科

Author:柳田歯科
大阪市住之江区南港北1-14-16
大阪府咲洲庁舎3階
06-6615-6120

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR