虫歯は必ず治療する?

虫歯があるときけば「治療しなければ」と思いますよね



でも虫歯にも種類があり治療せずに様子を見るごく初期の虫歯もあるんですよ


虫歯の進行状態は、


放っておくと虫歯になりそうな歯(表面は歯よりも白くなっていたり黒くなっています)【虫歯0】

        ↓

歯の表面(エナメル質)が虫歯になっている状態【虫歯1】

        ↓

歯の内面(象牙質)まで虫歯になっている状態【虫歯2】

        ↓

歯の神経まで虫歯が進行している状態【虫歯3】

        ↓

上の状態をさらに放置しておいた場合(見た目は歯が溶けてほとんどありません)【虫歯4】

        

さて、甘いものや冷たいものがしみる、などの自覚症状が出てきたときには虫歯はどの程度進行していると思いますか?



実は【虫歯2】のときにようやく自覚症状が出てくるんですよ


もちろん痛みがあるから必ず虫歯、必ず削らないといけない、というわけでは無いです。



見た目と痛み、症状が必ず一致するわけではありませんし、虫歯の状態、治療方針は十人十色です。



よく耳にする言葉ですが、定期健診は必ず受けましょう!としみじみ感じます。


放って置くと虫歯になりそうな歯を自覚しておくと自分でのお手入れの仕方も変わるので自覚しておくことと
していない事は将来的に雲泥の差があります


持って生まれた天然の自分の歯は出来るだけ長く持たせたいですよね。



体、歯、心、すべて健康な状態で日々の生活が少しでも「楽しい」と感じれたら素晴らしい事ですよね



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

柳田歯科

Author:柳田歯科
大阪市住之江区南港北1-14-16
大阪府咲洲庁舎3階
06-6615-6120

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR